TEL:090-1371-6335

〒981-1522 宮城県角田市佐倉字一本木町51

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1

平成28年産米作り記録

 28年産、米作り開始!
 特製堆肥の散布作業 昨年11月に実施しました
    1月15日、積雪の中 2回目の田起こし作業開始です
   
3月3日 水路の泥上げ(江払い)を行いました
用水や排水をスムーズに流せるようにするために行います

手作業のため 全身筋肉痛で~す
   
 3月5日 土壌改良剤(ケイ酸)の散布を行いました
食味アップに繋がります

トラクターの運転席より撮影
   
 3月8日 田んぼの保水を良くする為に 畦畔の畦塗り作業を行いました
   
 3月30日 種籾(つや姫)の温湯殺菌を行いました

60℃のお湯に10分間浸漬して 雑菌を取り除くことを目的にしています

 
 温湯殺菌終了後 水漬けを約10日間行い 発芽に必要な水分を種籾に補充します
 
 水漬が完了し 4月10日 催芽(芽だし)作業に入りました
32℃のお湯に12時間浸すと ハト胸状態に芽が出てきます
   
 4月16日 種まきを行いました この日は つや姫・ひとめぼれ・はえぬきの 三品種を播きました   種まき後 ハウスに並べ 一週間程掛けて 発芽を待ちま す
 4月16日 種まきして並べたハウス 4月23日 被覆物を外しました

2㎝程に成長し すくすくと順調に育っています
(品種は つや姫)
5月7日から田植えを始めました
順調に進み 5月16日現在で 7割が完了しています

写真は ササニシキです 5月16日から植え付け開始です
   田植え作業中です!  5月14日撮影

5月7日に田植え始まり 5月28日にようやく終了しました
   
6月18日現在の 稲の状況です 品種は つや姫   圃場全体の様子です
6月25日から 溝切の始まりです

田んぼの水はけと、水のかかりを良くするために行います
この機械(田面ライダー)にまたがって 溝を切ります
   
 7月30日現在の 稲の様子です(品種は はえぬき)

 順調に生育しております
5月7日に田植えした はえぬきが 7月30日 出穂始めとなりました

盛んに花を咲かせて 自家受粉をしております
 8月15日 稲穂が少し垂れ始めました
品種は ササニシキ
 8月24日 稲穂も大分垂れ 少しづつ黄金色になってます

(写真は上と同圃場で撮影)
 
9月1日 黄金色に稔ってきました(品種はササニシキ)

例年になく 稲穂の色づきが 良さそうに思います

 
 圃場全体の様子です

収穫は9月15日頃になるようです
9月7日から稲刈りスタート!途中 天候不順で10日間ほど刈り取り中止! 本格的に稼動できたのは、9月下旬でした

10月22日 無事、稲刈り終了です
それでも、今年のお米は 旨味が凝縮した大変良いお米に仕上がりました
   
 29年産に向けて 11月30日から 特製堆肥の散布開始!
 天候に恵まれ 9日間で 堆肥散布終了!

2016-12-12 13:44:25

コメント(0)

折りたたむ

平成28年桜地域の出来事(農活)

 

 
1月8日 早くもフキノトウが芽吹いていました 例年より1ヶ月位早い!  
 
  1月15日起床、一面白銀の世界でした  この冬初冠雪です(約5?)
 
1月19日、雪解けの田んぼに、白鳥さんが降り立ち餌を食べていました  
 
  1月30日 近くの堤防にて、孫と一緒にそり滑りを楽しんできました  この日は積雪10?位でした
農政やお米などに対する要望や想い等を、看板で訴えている

JA桜支部が、宮城県のコンテストで優秀賞に輝いたそうです
(写真左)
毎年開かれる野立て看板コンテスト!  
   
桜地域に隣接する堤外地に角田滑空場があります
そこからフライトし 750kmの長距離飛行を達成した岳志さん(写真左)
現在の日本記録及びアジア記録保持者です

毎年 集落の収穫感謝際にグライダー協会のメンバーを招待し交流を図りながら われわれ農家も 側面から応援したいと考えています
  収穫感謝際にて 齋藤岳志さん(写真左)
角田滑空場から離陸するグライダー

バックの背景は 阿武隈山脈です
2月5日 小学校の学校給食が休みで この日は母親不在のため 祖父の私がお弁当を作ることに!

じい弁の出来具合は いかがでしょうか?

もちろん ごはんは「桜米のつや姫」を使用しております
   
毎年1月15日 地元の神社でご神事が行われ その年の農作物の豊作 不作 天候を占いし 筒粥(つつがゆ)目録として 配られるものです

八分は豊作 七分は平年作 五分は不作といった見方です

日雨風は 七分は平年並み 六分はやや少なめと言う事です
   
 
  2月8日 真冬の蔵王連峰です
 2月14日 驚くことに 南部藩 武田家の48代目と遭遇
武田 卓(善信)さん(写真右)
すっかり記念写真まで撮ってしまいました
親戚の結婚披露宴にて  
2月18日 暖かさに誘われて 福寿草の花が 可愛らしく咲き誇っていました
   
 2月23日 梅の花が開き始めていました
平年より 4,5日早いようです
   
春は すぐそこまで近づいているなあ〜と 思っていた矢先
3月1日 目が覚めたら 雪が舞っていました
   
 
3月26日 桜地域資源保全会による水路の清掃を行いました    水路の清掃と平行に周辺のゴミ拾いも実施しました 当日
   は会員約60人が参加しました
   
 3月31日 開花始めた桜地域のソメイヨシノ

4月6日 満開を迎えました  平年より10日位早い満開です
   
 4月13日 今年もツバメがやって来ました
自宅脇の電線にて撮影しました
   
5月24日 代掻き中に 本来 海に入るはずのカモメが角田市の盆地に飛来!

カエルやミミズを頬張っていました

何故 一羽だけだったのか?

良く見ると 片足を引きずっていました

しばらく 桜の田んぼに いたみたいです
   
6月25日 子供達による 恒例の そば打ち体験が開かれました   興味津々 のし棒で 生地を伸ばしていました
  7月16日 今年度2回目となる 桜地域資源保全会による 農道等の草刈作業が行われました

 約130haを 2日間掛けて実施します
 草刈と平行して 農道等に捨てられたゴミ拾いも 行いました
 
この日の参加は 約70人でした
   
午後10時25分 雲の中から ようやく 見えました
          「中秋の名月」
薄雲がかかっていたため いまいちでした
   
 11月19日 さくら史跡めぐりウオーキングが開催されるため 当日参加者に振舞う そばを打ちました(勿論 新そばです) 

前日から打つこと7時間  約140食分 疲れました
 11月19日当日 参加者が一同に集合です  史跡めぐり後 手打ちそば ずんだ餅 豚汁 地元の食材で 舌包み
11月20日 角田滑空場にて 航空協会のメンバーさんと
交流会を行いました
10人程が参加し 体験飛行を楽しみました
昼には 山形いも煮と いも煮カレーうどんをご馳走になり 実り多い 交流でした
飛行しているグライダーから滑空場付近を撮影
   
 12月4日 10回目を迎えた地元集落の 収穫感謝祭を開きました

写真は 手打ちそば 奮闘中の様子です
 当日は 地元で収穫された 蕎麦、野菜、米を利用して 手打ちそば・豚汁・8品種のご飯の試食等 今年収穫された作物に感謝しながら 食を味わいました

農家と区民が一同に集い 交流を行っています

2016-12-05 18:38:36

コメント(1)

折りたたむ

平成28年産そば作り記録

   
 昨年の反省から 岩盤を壊し 水はけを良くしました  8月8日 種まき作業を 行いました
 8月12日 発芽始めの圃場  8月12日 発芽してきました
 
8月20日 ここまで成長してきました  8月24日現在の生育です
8月28日撮影 台風10号が8月30日 直撃しそうです 8月28日撮影 草丈30cm程度 何とか助かってほしいです!
 9月3日 台風の直撃から免れ 若干の倒伏・湿害発生
被害に遭われた皆様方に、謹んでお見舞い申し上げます
 何とか 持ち堪え 花が咲き始めました
9月15日 晴天に誘われ 花もミツバチも一杯です 草丈も 約80センチ程度になりました
9月23日 花も満開から実を結ぶ準備に~  そばの実がつき始めました 奥ではミツバチが働いています
 10月24日 そばの収穫を行いました  収穫後 ハウス内で 天日乾燥を実施
 乾燥後 トウミで風を送り そばの茎等の異物を除去します  トウミを通して 玄そばの完成です

2016-10-29 14:27:49

コメント(0)

折りたたむ

平成27年桜地域の農活

6月14日 朝7時30分から桜地域の有志による軽トラ市が開かれました。 毎月第2、第4日曜日開催!旬の新鮮野菜がいっぱいです。
軽トラ市には、光ファームの手打ちそばが無料で振舞われ、お客様はご満足の様子でした。
   
6月28日 桜の子供たちを対象に、そば打ち体験が開かれました。講師には光ファームの芳賀が出向き、楽しい時間を過ごしてきました。出来上がったばかりのそばを、お母さんたちから茹でてもらい、子供たちは美味しそうに食べていました。
子供たちの、この日のそばの出来は、”百点満点”でした。
   
毎年、1月15日に地元の諏訪神社で筒粥目録を発行しています
目録は、今年1年間の農作物の豊作・不作と天候を占うもので、毎年かなりの確立で的中してます
占う方法等については、宮司にお伺いして、また紹介します
ちなみに、八分が豊作・五分は不作といった感じです
日・雨・風の八分は多いという見方です
   
9月19日、夕焼けに照らされる 桜地域の田園風景です
   
10月4日; 桜小学校と桜地区民による合同大運動会が開かれました。

写真は、5・6年生による【ソーラン2015】です。

私も当日は、稲刈りをお休みして、孫の応援に行ってきました。

 
   
10月13日 桜地域から見た蔵王連峰!

山の中腹まで紅葉が進みました
   
10月14日 稲刈り終了の打ち上げで、市内の飲食店一押しのピザを食べながら、仲間たちと慰労会。
10月17日 桜地区の盟友たちと、蔵王のログハウスに一泊しながら、今年の農業の反省や来年に向けて、親睦を図って来ました
   
11月21日「さくら史跡めぐりウォーキング」が開かれ、秋の桜地域を満喫しました
お昼には地元で取れた食材を使い、手打ちそば・ずんだ餅・いも煮等が振舞われ、参加者は満足そうに舌鼓を打っていました
   
11月23日、雨の降る中、「モニタリング」の番組で活躍中の木部さんが、突然!桜地域の田んぼに現れました
この日は、特製堆肥の散布中でしたが、セーラー服に白い長靴姿に、われわれ百姓人は ビックリ!

12月24日放送予定だそうで、乞う”ご期待”
   
12月6日、地元の公民館において、今年で9回目を迎えた収穫感謝祭を開きました
桜地区で収穫した、蕎麦・米・野菜を使い、「手打ち蕎麦」「いも煮」「米の試食会」等をしながら、区民の方と交流を深めました
子供からお年寄りまで約60人が参加し、今年の実りに感謝をしながら大賑わいを見せていました
「米の試食会」では、6品種が用意され品種当てクイズなどをしながら楽しみました
見事に全品種を当てた方(2人いました)には、豪華景品が贈呈されました

 
   
12月23日、近くの友人宅で上棟式が行われ、御呼ばれに行ってきました
ちなみに、総檜造りだそうです うらやましいですね

2015-12-25 19:01:58

コメント(0)

折りたたむ

平成27年産米作り記録

 
4月2日種の芽出し準備作業(水に浸すこと約10日)   4月13日芽出し作業(32℃の湯に約12時間浸します)
 
4月19日いよいよ種まき作業(仲間の話も弾みます)   種まき後ハウスに並べ、マットで覆い発芽させました
 
5月1日健康に育った苗が旅立ちを待っています   5月9日待ちに待った田んぼへと旅立ちの日です
 
5月5日代掻き作業(田んぼを均平に捏ねります)   5月9日田植え作業開始(晴天に恵まれ絶好調です)
写真右側は蔵王連峰の夕焼けです
 
5月26日あぜの草刈中、鴨の卵を発見!無事保護   5月27日合鴨の母親が大事に卵を温めていました
 
ササニシキの圃場(5月11日に田植しました)   ひとめぼれの圃場(5月17日に田植しました)
  田んぼの写真は、5月30日に撮影したものです。みなさま方にお米を提供させていただく圃場です。各品種とも順調に育っております。
つや姫の圃場(5月10日に田植しました)    
 
6月17日鴨のひなが無事巣立ちました   卵の殻だけが残されいて、ひな達は旅たった後でした
 
ササニシキの圃場(6月20日撮影)   ひとめぼれの圃場(6月20日撮影)
 
つや姫の圃場(6月20日撮影)   いずれの品種も(草丈40㎝前後)すくすく順調です
 
6月20日 田んぼ撮影中 タニシを見つけました   ザリガニがカメラに向かって ハイ!ポーズ
6月22日 イネの葉にヤゴから孵ったばかりのトンボ発見!(右の写真中央)見ずらくてすみません。  
     
 
6月22日夏本番を思わせるような出来事!早い!   なんとセミカッカ(方言)とアブラゼミが自宅の車庫にて発見
     
  6月17日卵から孵化した鴨のひなが、近くの川で元気に遊んでいました。これで一安心です(6月22日夕方撮影)
     
 
     
     
6月23日から 田んぼの溝切作業です   溝切機に跨り いざ!出陣です
  田んぼを乾かす(中干し)ことで、土中に酸素を送り込み、根が健全になり健康な稲に育ちます。また、乾かした後の水の走りを良くするため、秋の稲刈り作業もスムーズになります。
     
  7月29日 出穂期(圃場全体の4~5割出穂した時期)に入りました。平年より5日程、早まっています。
この分だと、9月10日頃に稲刈りになるようです。
ササニシキの圃場    
出穂とほぼ同時に花が咲き受粉します。  
  ササニシキの圃場(8月27日撮影)
霧雨の中の撮影のため、暗い感じに写ってしまいました

 
稲穂も頭を垂れ、だいぶ黄金色になってきましたが、
ここ一週間ほど曇雨天続きと低温で、稲刈りが遅れ
そうな気配になってます
オホーツク海高気圧の影響で、時期外れの「ヤマセ」
のようです
少し心配です
 
     
 
つや姫の圃場(9月2日撮影)14日振りに、お日様現る   つや姫は晩生なので、稲穂はまだ色づきしていません
 
ひとめぼれの圃場(9月2日撮影)   随分、黄金色になってきましたが、収穫までは7~10日後位です
  9月11日、降り続いた大雨により30cm程の浸水。それに加え強風で、かなり稲がなびいてます。
幸いにも、稲穂は水面の上なので一安心です。
黄金色となった稲穂
品種は;つや姫です
 
     
 
9月19日、秋晴れの中、稲刈り真っ最中です   今年も天候に左右されましたが、作柄は上々です
お昼休み、コンバインのデバイダー(稲を掻き分ける先端部分)に、トンボも小休憩してました  
  刈り取った稲を低温乾燥し、籾摺りをして玄米を袋詰め作業中の生者者
上々の出来に、満足の様子


桜地域;米への放射能検査は、不検出なので問題ありません。


 
     
10月16日 来年産に向けて、田んぼの耕転作業が始まりました  
  11月17日から散布予定の、特製堆肥の出来具合を下見してきました
今年も最高の出来で、堆肥と言うより土に還った状態になってました


来年に向けての、土作りの準備 !
11月17日から、特製堆肥の散布開始です
ユンボを使って、散布機(マニアスプレッタ)に約500kを入れて行います

 
 
  およそ10メートル幅で散布し、10アールに500kgを散布しました

2015-11-18 05:47:19

コメント(1)

折りたたむ

平成27年産そば作り記録

好天の中、8月11日そばの種まきを行いました。
この日の種まき(常陸秋そば)は、約70アールです。
このところ日照り続きで心配してましたが、幸い種まきした夜に、土壌を潤わせる程の降雨があり一安心です。
写真は、種まき直後です
8月15日 順調に発芽しました 発芽後2日目のそばの様子です
8月27日、常陸秋そばの圃場です。草丈も10㎝程に生長しました

休耕田に栽培しているため、雨天続きだと湿害が心配なところです
9月11日朝7時、いつもは穏やかな阿武隈川。
降り始めからの雨量が400ミリ近くになり、畑などが広がる堤外地は2m程の冠水です。
そば畑も浸水してしまいました ”今後が心配です” 開花始めたばかりです  排水に努めなければ!
9月19日、湿害の影響があるものの開花5分咲きです 秋晴れに誘われてミツバチが沢山飛んでいます
10月13日 湿害の蕎麦畑を耕しました(残念です 花は咲いたものの、湿害で受粉せず実は空っぽ状態です

2015-10-13 18:14:50

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1

CATEGORY

MENU